2005年04月10日

ルル続き

昨日の日記に、ラ・シルフィードのことを書きました。
デンマークロイヤルバレエでラ・シルが初演されたのは1836年です。
先程のルルの十年くらい後ということになります。
ルルというオペラ自体にももちろん関心がありますが、同じくらいの時期にデンマークで初演された作品ということで興味をそそられます。
アンデルセンもルルを見たのでしょうか?
posted by めぐみ at 01:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フンパーディンク:歌劇《ヘンゼルとグレー
Excerpt: ワーグナーの影響をたっぷり受けた、いかにもドイツオペラらしい傑作といえるこの作品ですが、これまで国内盤DVDとしては、メトロポリタンで上演された英語翻訳版のものしかありませんでした。早くドイツ語原典版..
Weblog: オペラの日
Tracked: 2008-01-22 12:32