2012年01月05日

京都・滋賀旅行 2日目 近江八幡〜3日目

近江八幡にある八幡堀は、時代劇のロケ地として有名で以前から行ってみたいと思っていた場所でした。

彦根からの帰り、途中下車して八幡堀を見に行くことにしたのは自然な流れでした。


駅から外に出ると、小雪がちらついていたのでレンタサイクルを断念。
駅から真っ直ぐのびるブーメラン通りを歩き出しました。

徒歩だと30分の道のりです。
天気がよければ途中のお菓子屋寄りたかったのですが。
雪から雨になったり、晴れたりまた降り出したりの繰り返しのためひたすら八幡堀を目指します。

こんな足元の悪い日にわざわざ歩いている人は皆無。ちょっと寂しかったです。

途中の古い町並みも涙をのんで通り過ぎて、やっとのことで八幡堀に到着。

付近で写真をとる人や神社の参詣の人で、やっと人を見つけました。

八丁堀の七人や剣客商売で見たあの風景が!と、ちょっと感激。
八幡堀散策を始めると、うまい具合に晴れて写真もガンガン取れました。


そろそろ帰ろうか、という頃になって再び雪が。
追い立てられるように八幡堀を後にして駅に戻りました。徒歩30分の道を再び歩いて。

歩く途中、駅に向かうバスに追い越され歩いたことを後悔しましたが(笑)

そうして2日目、天皇誕生日の観光を終えたのでした。





翌日、ホテルをチェックアウトするとすぐに京都駅に向かいました。予定の観光は前日に済ませていたので、ぶらぶらするつもりで。
駅のコインロッカーに荷物を預け、京都アスニーへ。

アスニーで、風俗博物館の出張展示を眺めたあと駅に着くと。
京都駅に戻ろうとしましたが、なかなか電車が来ないので(笑)やってきた下り電車に乗って嵯峨嵐山へ。

思いもかけずトロッコ列車に乗ることに。
保津川下りにも興味あったのですが、冬場は寒いので往復トロッコに乗りました。

保津峡の水は、上から見ると緑に見えてちょっぴりネパールを思い出したりしました。

土曜日だけあって、家族連れや外国人もたくさん乗っていました。



トロッコ列車の後、渡月橋まで歩いたりふらふら観光をして。
午後3時前の新幹線で京都を後にしたのでした。



途中、名古屋では上空にデカいクジラみたいな雲がいくつもあり。
翌日、名古屋で雪が降ったとニュースで知ってあれが雪雲だったかと納得したのでした。



後半、駆け足になりましたが。これにて旅行記、終了となります。
posted by めぐみ at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | 旅足袋(たびたび)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本年も宜しくお願い致します

すっかり遅くなりましたが、年が明けて2012年。
今年も宜しくお願い致します!!

昨年の関西旅行記も早めに完成させたいと思っています。
今年の旅行は、いつ行けるやら(笑)

一応3月に京都に十二単のため行く予定ですが。今年はアパートの更新でお金がツライので、果たして行けるかどうかビミョーですが。


劇場は、相変わらず予定なし。
ボリショイ・バレエ、見に行けたらと思いますが、安いチケットはあまり残ってなさそうだし。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートで眠りを聞いたせいで、今は眠りの全幕が見たいですね。
最近レニングラード国立バレエも眠りの全幕やってくれないし、なかなか見る機会が無いのが残念です。
posted by めぐみ at 12:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。